Beetle Busan Book presents BBB.net

釜山の旬な情報をイチ早くお届け!

済州家 | グルメ

ザ・ブシュラン┃03┃根強い人気のあわび粥。旨さの秘密を探るー。

あわび粥が食べたければ、迷うことはない。南浦洞の『済州家(チェジュガ)』に行けばよい。味はもちろんのこと、お店の雰囲気も女将の人柄、誠実な対応、何も心配はいらない。なんといっても、あなたをはじめ来客者の舌が、それを証明してくれている。

釜山観光ホテル方面から、龍頭山公園脇の細道を光復路(カンボクロ)に歩く。ゆるやかな下り坂の途中に、お目当ての看板がある。

通りに沿って様々なお店が並ぶ地区ではあるが、間違えようのない文字が見えてくるだろう。

お店の前の生簀には、活あわびが。

大きさは小ぶりだが、新鮮で身の厚さもよい。屋号にもなっている済州島出身の女将自らが、いいものだけを仕入れるという。

今回は、女将に無理を聞いてもらい厨房のすぐ近くから調理風景をみることが叶った。先ほど手にしたあわびが目の前で捌かれていく。

肝の部分は、出汁と一緒におかゆに混ぜ込まれる。いうまでもなく、独特の風味を醸し出す重要な部位である。

あわびの身は、まず包丁を縦に2ついれた後、

交差するように薄切りにしていく。食感を残すためには、この切り方が一番いいと女将。

出汁は昆布がベース。化学調味料はいっさい使わない。

こだわりの塩と肝、そしてごま油だけで作られる。

熱々のおかゆをひとすすり。肝の風味とごま油の香りが口腔内に広がる。熱い。しかし旨い。朝餉にぴったりなのは当たり前だが、近頃少し飲みすぎかな?と感じた日の夕方、今日こそは休肝日と心に決めて夕方に訪れてみては如何だろう。翌日からの旅程を、すっきりとした体調で迎えられるかもしれない。
《2015.3.31公開》

記事投稿者紹介

DATA

店名: 済州家
  제주가
住所: 釜山広域市中区光復路85番通り8
  부산광역시 중구 광복로85번길 8
最寄り駅: 都市鉄道1号線【111】南浦駅7番出口 徒歩3分
電話: 051-246-6341
営業: 7:00〜21:00
定休: 旧正月・秋夕
日本語メニュー: あり
カード:
★エリア別
南浦洞
西面
海雲台
広安里
センタムシティ
東莱(釜山大)
大淵洞(慶大・釜大)
その他
★ジャンル別
グルメ
ランチ
お酒
カフェ
スイーツ
ビューティー
ショッピング
観光
施設
旅行
学生通り
特集・まとめ
読者投稿