Beetle Busan Book presents BBB.net

釜山の旬な情報をイチ早くお届け!

トゥラッ | グルメ

カン食!男メシ┃1回裏┃味噌+サバ+飯の無敵クリーンナップ登場!

お疲れさまです!元プロ野球選手の小林亮寛です!
スポーツ選手と食は、切っても切れない関係。僕が主宰するトレーニングスタジオ『コビーズ』でも、食の話題は欠かせません。今日は、日本人の心と身体に染み渡る「魚」。韓国で日本人の心と身体にって意外に思うかもしれませんが、これがなかなかのパンチ力なんですよ〜!

やってきたのはこちら、西面のロッテホテルの南1ブロック目にある『トゥラッ』。トラディショナルな食堂ですが、西面らしくモダンな外観が特徴です。

清潔感があって華美に走らず、質実剛健をまとう店内。やはり漢のフィールドはこうじゃなきゃダメっすよね。

さらに、日本語対応のメニューもある心配り。うーん、痺れます!では早速ですが、この「シジミスープとサバチョリム」を注文します。

パワーの源である肉類はもちろんですが、良質のタンパク質を多く含むサバなど青魚は、特に日本人アスリートにはぴったりの食材なんです。そしてサバといえば…

味噌!大根にも染み込む味噌!まるで、不動の4番・サバが魅力を十分に発揮できるべくチャンスを広げる3番バッターですね!

あれ?うまく伝わってますかね?(笑)

実は僕、少年時代こそ福岡で過ごしましたが、生まれは長崎・対馬なんです。対馬はサバの一大漁場とあって、サバは大好物。はっきり言って、サバにはうるさいです。

チームがあった高陽でも、サバはチームメイトとよく食べましたね〜。韓国の野球選手は、海藻と一緒に野菜で巻いて食べていましたね。身体作りに大切なものをたくさん食べるなーという印象が強いです。

ただ、釜山のサバの旨さは圧倒的ですね。釜山がプロ野球なら、高陽は少年野球。レベルが違います。距離感考えると、これってきっと対馬のサバと同じサバですよね?旨いはずだ!

対馬のサバと同じサバならば、やはりサバの味噌煮はこうやって…

そしてこう食べる!ご飯を無視しちゃダメですよ。味噌、サバ、ご飯のクリーンナップは最強ですよね!こちらのお店は、黒米やもち米も一緒に炊いていて、滋味いっぱいの旨さ。健康への配慮が嬉しい!

シジミ汁が苦手な方、どうしても辛いものが食べたい方は、スンドゥブも選べます。僕ですか?もちろん「両方お願いします!」と注文しました!

ラストは、シッケをフリーに飲んで締め。最高のサバを最高のスタイルでいただく快感、これこそ男メシの醍醐味ですよ!最後になりましたけど、このサバの味噌煮、色ほど辛くありません。それこそ、日本で食べるサバの味噌煮に近い味付けなので安心してください!それでは、次回も全力投球でカン食待ったなしです!
《2016.2.2公開》

記事投稿者紹介

DATA

店名: トゥラッ
  뜨락
住所: 釜山広域市釜山鎮区中央大路691番通り24-12
  부산광역시 부산진구 중앙대로691번가길24-12
最寄り駅: 都市鉄道1,2号線【乗換】西面駅7番出口 徒歩6分
電話: 051-806-9098
営業: 11:30〜22:00
定休: 無休(秋夕・旧正月除く)
日本語メニュー: なし
カード:
★エリア別
南浦洞
西面
海雲台
広安里
センタムシティ
東莱(釜山大)
大淵洞(慶大・釜大)
その他
★ジャンル別
グルメ
ランチ
お酒
カフェ
スイーツ
ビューティー
ショッピング
観光
施設
旅行
学生通り
特集・まとめ
読者投稿